元カレともう一度やりなおしたい、そのために「がんばりすぎない復縁方法」

元カレともう一度やり直したい、そのために「がんばりすぎない復縁方法」

別れた彼のことを今思い出すと「なんで別れちゃったんだろう…」と後悔することありませんか?
今思えば、たいしたことではなかった、今なら我慢できることだった、今思えば今までで一番相性のいい彼だった。
そう少しでも思うならば、やり直すために少し努力してみませんか?

 

 

そのためにまず、元カレと連絡を取る前に彼のことをもう一度詳しく細かく分析してみましょう。
紙に箇条書きして、性格や好きなもの、好きな場所、趣味。
それら全部を書き出して、まずはそれを今のあなたが許容できるかどうか考えてみましょう。
それができたらもう一歩、好きなところを思い出してみましょう。

 

今でも元カレのいいところを想いだせるならもう一度復縁にがんばってみましょう。
がんばるといってもがんばりすぎてはいけません。
なんといっても一度失敗しているということで、男性のほうは復縁に関しては臆病です。

 

まずは焦らずにこまめに元カレと連絡ととることを再開することです。
連絡先がわからない場合は、友人を介して調べましょう。

 

 

 

メールから始めて、返信が来るようになるまで気長にうちましょう

 

特に共通の友人に何か行事があった場合などをきっかけに誘うのが一番効果的です。

 

特に気をつけることは「必死にならないこと」
一度は離れた相手なのだからそこは割りきっていきましょう。
「がんばらない」でいまやれることをやる。それぐらいの感覚で始めましょう。
「やり直す」というより「もう一度新しく始める」という気持ちぐらいが相手を引かせない方法の一つです。
元カレのとまどいや、ちょっとした期待、そんな心の揺れさえもあなたにはたぶん手に取るようにわかるはずですから、段階を踏んで、徐々に距離をとっていけばいいのです。

 

 

 

友達としてゆったり過ごす

 

連絡がとれたら「互いのことを一番よくわかっている友達同士」のスタンスで会って食事をしたり、飲みに行ったりなどをゆっくり楽しみましょう。

つきあっているころよりも肩の力が抜けて、また楽しい時間が過ごせることでしょう。

 

元カレとの間は、一度すんだことが多いのです
あくまでも「友達」のまま、何カ月か半年以上は様子を見てその間にももしケンカなどをしても、すぐあなたが折れて謝り「過去のときよりうまくいく」ことを印象付けることも大切です。

 

最大のメリット

復縁のメリットは一度起こったことですからなにか起こった時にリカバリーがスムーズにできる。
これが最大のメリットです。
そういった気持ちの余裕がよい結果を生み出し、よい復縁につながることでしょう。

 

焦りすぎないこと必死にならないこともう一度より新しく関係を始めるつもりでいくこと、このポイントを抑えればいい結果にたどりつけます。

復縁体験談