いいきっかけをつかむためには何をするべきか。素晴らしい復縁のために

素晴らしい復縁のきっかけをゲットするには何をするべき?

彼氏、夫や昔つきあっていた人とやり直したい。
どう思ったあなた。
でもどうしたらいいんだろう。
途方に暮れたあなたは、携帯を見ながら電話をかけるかどうか悩んでいますね。

 

さて、どうしたらいいのでしょうか?

 

まずは自分の気持ちをよく確認して、今だけの思いつきだけで考えていないかもう一度思い直してください。
毎日の仕事の疲れ、そしてもし今独身ならこのまま独身かもしれない、という不安…そんなもので誰でもいいから、と考えていませんか?

 

そういう気持ちで復縁すると、必ず後悔することになります。
誰でもいいなら新しく探せばいいのです、何も過去の彼にとらわれなくてもいいはずです。

 

 

なぜあなたは彼に執着するのか?

まずそれをよく思い出して吟味してみて、そこから話が始まります。
気持ちが定まったら、まずは彼に連絡すること。それも自然な形で。
きっかけはあなたが思うより、たくさんそこらへんにゴロゴロにしていますよ。

 

まず、共通の友人の祝い事、友人がらみのイベント、(趣味のライブ、レース、展示会、発表会)、共通の友人だから誘っても断りにくいのもいいきっかけですし、
直接あなたからでなくても友人に聞いて彼がどこに来るのかどうか確認してから偶然を装うというのが一番効果的です。

 

また彼の仕事がらみのこと。
彼の職場が何を扱っているのか、もし商品を扱っていたら「こういうものが欲しいんだけど」と「あなたしか知ってる人がいないから」と連絡できます。
彼も仕事ならば、邪険に断ったりもできないはずです。

 

仕事がらみでいえば、上司の定年や上司がらみの祝い事、イベントなども利用できます。
彼の趣味がらみからの、連絡。彼の趣味であなたがよく知っている場所や連絡先に何気なく赴いてみて、共通の知人に「また彼が来たら言っておいて」と言ってみてもいいでしょう。

 

 

SNSなどのつながり

今このツールを利用しない手はないでしょう。
フェイスブック、LINE、MIXYなど、つながりはすそ野が広く、浅いため知人さえいれば彼のところに到達することはたやすいでしょう。

 

しかし直接いきなり友達リクエストするよりも、久しぶり、の程度でコメントをつけることが最初の一歩です。

 

 

昔付き合っていたころよく行っていた飲食店などは、もっとも効果的です。
店主が知りあいなら、「来てたよ」とかもしタイミングも彼が嫌がらなければ「呼んでもらう」ということもできます。

 

どんなところにもいろんなきっかけが転がっているものです。
それを活かすも殺すも、実はあなたのやり方次第です。
よいタイミングでさりげなく、「懐かしい、元気だった?」という言葉を忘れずに、もう一度何かが始まるんだ、という期待を持たせて明るい未来を築いてみましょう。

復縁体験談