復縁成功のために手紙で伝える想い

復縁するなら手紙がベスト!メールより電話より成功率がアップする!?その驚きの理由

 

便利なツールが世間で氾濫して、すでに小学生がスマホを使う時代になっています。
パソコンやスマホ、携帯、言葉の伝達手段は多様化しています。
今、だからこそ手紙を重要視する声が各方面で聞こえています。
特に最近は大人でもパソコンの普及で漢字が書けなくなっています。
自筆の手紙もなかなか書く機会に恵まれません。
あなたが今復縁したい、彼、夫がいる場合、どうやって気持ちを伝えたらいいのでしょうか?

 

 

手紙で気持ちを伝えてみる

若い人にはなかなか難しいかもしれませんが、年配の方で復縁を望まれる方は、一度手紙で素直な気持ちを伝えてみるものいいのではないでしょうか。

 

ただし、いきなり手紙を送り付けるのはお勧めできません。

最初はメールや電話などで、連絡をとりながら復縁への一歩をつかんでください。

何度か相手と会うことができて、コミュケーションもうまくとることができるようになった時、一度手紙で相手に気持ちを伝えてみましょう。

 

内容は簡単でもいいのです。
ただメールで送る文章とは明らかに違ったとらえ方をされるので、内容はよく吟味してください。
メールでなら、「また私と一緒に歩いていってほしい」と書けば、なんとなくうまくかわされてしまうかもしれません。
「また散歩にでも行こうね」などと軽くいなされて終わったら悲しいというより滑稽な感じすらします。

 

重くとられる、ということを利用して、内容もはっきりとしたものにしましょう。
比癒などを用いて遠まわしに書いたりせずに、
ストレートに「あなたとやり直したい」と書けばいいのです。

 

不思議なもので、直接言うより、ずっしりと相手の心に響きます。

それにあと後まで思い出に残ります。
あなたも彼からもらった手紙などをおいてはいませんか?
手紙と言うよりメモだったかもしれません。
一緒にいたころ、よく相手の仕事が忙しく会えない時など「置き手紙」をしたことを覚えていませんか?

 

料理のそばに「今日もお仕事お疲れさまでした。」と書いただけの手紙に彼が感動したこともあったはずです。
そのころと変わらぬ気持ちであると、伝えるためにも最後に手紙を渡して読んでもらいましょう。

 

それが大きな原動力になるかもしれません。
手紙を渡す時期に、互いの気持ちに自信があれば、あなたは自分の名前を書いて捺印した婚姻届を一緒にいれておいてもいいでしょう。

 

ただ、その時は結果がでてしまうということを覚悟して挑んでください。

 

あなたの気持ちが便せんにのり、彼に伝わることを望んで、下手でもいい、一文字一文字大切に魂をこめて書いてくださいね。

 

 

復縁体験談